FX投資のメリットとは?

投資先の一つとしてFXと言う金融商品があります。不動産や株式と言った投資先では大きな資金が必要でした。

しかしFXでは資金が少額しかなくても投資ができると言うメリットがあります。

従来のFXでは1万通貨単位の取引でしたが最近では1000通貨単位の取引が一般的となりました。

中には1通貨単位で取引できるFX会社も登場してきました。

米ドル円が100円の場合、1万通貨単位では約4万円の証拠金が必要ですが、1通貨単位ではわずか約4円の証拠金で取引する事が可能です。

FX初心者の方でも取引しやすくなっています。

さらにFXでは中級者や上級者になればメタトレーダーを使用し自動売買にチャレンジする事も可能です。

メタトレーダーは無料のチャートソフトの事でダウンロードしパソコンにインストールすると使用できるようになります。

このメタトレーダーには自動売買機能が付いており、自分の手法が固まっていれば自動化する事が可能です。

メタトレーダーで自動売買を行うには自分の手法をプログラミングしEAを作成する事が必要です。



プログラミングができないとEAの作成ができませんが、そんな時は有料で販売されているEAを購入すると言う方法があります。

お金がかかりますがこれで自動売買が行えます。インターネット上では無料のEAも見られますが有料のEAのほうが高機能です。

しかし複雑なプログラムよりシンプルのほうが長期的に通用しやすいと言われているので有料EAだからと言って将来は未知数です。

有料のEAでは他の人が作ったものなので自分の手法で自動売買する事はできないです。

そんな時はEA作成会社に作って貰うと言う方法があります。自分の手法をお伝えすると忠実にプログラミングして貰えるので便利です。

その代わりに作成費用のお支払が必要です。メタトレーダーもソフトなので他のソフト同様にバージョンがあります。基本的には新しいバージョンほど高機能となっています。

今までメタトレーダー4と言うバージョンであればEAのバックテスト機能が付いていましたが、メタトレーダー5のバージョンではありませんでした。

しかし最近になって追加されましたので、新しいバージョンでもバックテストができるようになりました。

自分でプログラミングして作成したEAでも他の人が作成したEAでも実際に運用する前にバックテストする事が大切です。

通常はバックテスト結果よりも実運用した時のほうが成績は悪くなる傾向があります。十分余裕を持たせたEAを実運用されたほうが良いです。
場所やフォルダ名などを変更すれば同じバージョンのメタトレーダーでも同じパソコンにインストールする事が可能です。
実運用に使うメタトレーダー、デモ口座用のメタトレーダーなど使い分けができて便利です。