海外FX取引業者「iFOREX(アイフォレックス)」とは

「iFOREX(アイフォレックス)」は、日本にもサービスを展開している海外のFX取引業者になり、国内の投資家にも高い評価を得ている業者の一つになります。

日本国内のFX取引は2011年に出された金融庁からの通達により、様々な規制が布かれることになり、それ以前のような投資取引が行えなくなったため、海外の取引業者を利用する投資家が増え、それに伴って信頼出来る海外業者と、信用に不安がある海外業者とに淘汰されていく動きがあったのですが、そんな中でも日本国内の多くの投資家から指示され、今でも高い人気を誇っているのが、このiFOREXなのです。

iFOREXは、ギリシャのアテネに拠点を置き、1996年に創設されて以来、世界中の数万人単位の顧客である投資家から厚い支持を得ており、海外のFX取引業者を利用するにあたって、最も大きな問題とされるものは、言葉の壁と入出金の手続きになりますが、こうした問題も、その企業努力によって大きく軽減されています。

例えば、言語については、世界18ヶ国に対応できるように、公式ウェブページや各種のサポートサービスが用意されており、もちろんその中には日本も含まれています。
入出金については、iFOREXではクレジットカード、電信送金、ネットバンクの利用から投資家のニーズに合わせて好きなものを選択することができ、またスピーディーに処理が行われるために、投資取引の邪魔をしないのです。

顧客の資金の保全や、iFOREXその物の経営状態も健全であり、キプロス証券取引委員会やハンガリー国立銀行などによって登録や承認を受けた業者であるために、安全度や信頼度の面においても、ほかのが意外業者と比べて高い水準を保っています。
こうした強い経営基盤に支えられ、2009年に起こったギリシャ危機の最中であっても、問題なく運営を執り行い、多くの顧客たちに信頼と安心を与えました。

こうした、運営や各種の手続きなどが行いやすく、また、高い品質のサービスを提供していることによりiFOREXは根強い人気を集めているのですが、しかし、それだけではFX取引業者としては不十分であり、実は、これ以外にもiFOREXの魅力はまだまだあるのです。

iFOREXでは、海外業者の最大の魅力である高倍率のレバレッジを利用することができ、その倍率は最大で400倍となっております。
これにより、取引業者に預けている証拠金の資金を担保とし、投資資金を融通してもらうことができるようになるため、投資した資金の400倍の量の通貨を取引きできることになり、その利益も投資資金の400倍となるのです。

また、預けている証拠金の資金よりも、投資取引を行っている通貨の含み損が大きくなって一定の水準になった場合には、ロスカットという仕組みが働き、その取引きを強制決済して投資家の資金を保全するのですが、iFOREXではこの水準を証拠金のギリギリである0%に設定しているために、ロスカットの制限を受けにくく自由な投資取引を行うことができ、また、ロスカットによって決済がされたとしても、その決済金額を上回る追加証拠金の請求は発生しませんので、安心して取引きがおこなえるのです。

この他にも、iFOREXでは100種類以上の銘柄を用意し、高い戦略性をもってFX取引を行うことができるため、日本の投資家はもとより、世界中の投資家から強い支持を得ているのです。